ダブディビ社長によるダブディビのブログ。お仕事やデザイン・ファッション・オシャレ情報etc、いろいろ発信いたします。


by dabudivi

プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017/5/26 渡邊良重展「絵をつくること」、素敵過ぎました!!

c0256166_13280970.jpg
先日、見に行った展覧会、素敵すぎてもう大興奮してしまいました!!
その展覧会とは、第19回亀倉雄策賞受賞記念・渡邉良重展「絵をつくること」というものでした。

ちなみに、亀倉雄策(かめくらゆうさく)さんとは、
日本のグラフィックデザイナーで、
1964年東京オリンピックのポスターやグッドデザイン賞のロゴマーク、NTTのマーク(ダイナミックループ)などなど、
著名な作品を残した偉大なデザイナーさんなのであります。

その名を冠してできたこの名誉な賞を受賞された渡辺良重さんとは、
キギとして二人組ユニットで活動されているグラフィックデザイナーさんであります。

c0256166_13283529.jpg
こちらが展覧会会場メインのお部屋。
蛍光ピンクの使い方が、めっちゃオシャレです!

c0256166_13285037.jpg
「AUDREY(オードリー)」という洋菓子ブランドのパッケージデザインが、
この度、この名誉な賞を受賞されました。

c0256166_13290876.jpg
こんなかわいい箱のお菓子いただいたら、テンションあがっちゃいますよね(≧▽≦)
パッケージが可愛すぎて、捨てられませんね!!

c0256166_13292050.jpg
今回は受賞作以外にも、渡邊良重さんの手掛けられた作品が一堂に展示されていました。
クリアのショーケースに並ぶ作品達、どれもとてもかわいい!とても素敵!!

c0256166_13293649.jpg
ショーケースの一番下・・・
くまちゃん・・・

c0256166_13294997.jpg
耳から飴ちゃん・・・♪♪
ポケットなんや?

c0256166_13300047.jpg
こんなイラストが、あんなぬいぐるみに変身しちゃうんですねー!
そして、こんな意表をついた展示場所w(床に直置きですからねっww)
そこがまた、かわいいです!

c0256166_13301107.jpg
ガラスという素材ならではのデザイン。
(左)手前に白雪姫、向こう側に魔女、
(右)手前に赤ずきんちゃん、向こう側にオオカミ、
なるほどのデザインです。

c0256166_13302329.jpg
アパレルも手掛けられています。
ほぼ日とのコラボブランドだとか。

c0256166_13303544.jpg
この作品は、ジュエリーとイラストのコラボでした。
確かに、ジュエリーってそんな簡単に買うもんでもないですし、
物語性とかアート性とかいう特別感って、大事ですよね◎

c0256166_13304618.jpg
向こう側のテキスタイルは刺繍作品、
手前のピンクのバーの上に乗っている花瓶はKIKOF(キコフ)というブランドで、
滋賀県の信楽の陶器とのコラボレーションなんだそうです。


この展覧会にあたっての渡邊さんのお言葉も素敵です。

・・・前略・・・
時間が経ってみると自分のデザインを反省することも多いです。
どうして時間が経たないとわからないのか不思議に思いますが、
それはわたしが少し成長したから?と前向きに考えたりもします。
永い時間にも耐えられる色褪せないデザインをしたいと最近強く思います。
・・・後略・・・

素朴な文章なのですが、奇をてらわず前向きに書いてらっしゃるところが、
すごく好印象です。
時間が経っても色褪せないデザイン、私もそんなデザインを作りたいものです。
全文はこちらからどうぞ→


[PR]
by dabudivi | 2017-05-26 13:31 | アート・デザインetc | Comments(0)

2017/5/22 「花森安治の仕事」展、見に行きました

c0256166_12550886.jpg
『暮しの手帖』という雑誌、ご存知でしょうか?
その名の通り、日々の暮らしにまつわる作法やアイディアなんかが紹介されている雑誌です。
その内容は衣食住全てを網羅し、また、時には社会問題にもメスを入れておられます。
‥と、私も本屋さんだったりカフェや美容室だったりで、何度か手にとったことはあり知っている本なのですが、
正確に言えば、定期行動しているわけではないので深く読み込んでいるわけではありません。
しかしそんな私でさえ、書店に行けば必ずチェックする雑誌の一つではあります。

最近では、2016年度前期放送のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、
暮らしの手帖創業者の一人である大橋鎭子さんがモデルになっていたそうです。
…とこれまた、テレビもあまり見ないので朝ドラも見てないのですが(^_^;)

c0256166_12564018.jpg
その、暮しの手帖創業者のもう一方、花森安治さんの展覧会が愛知県内の美術館で開催されていました。
【花森安治の仕事 -デザインする手、編集長の眼】

c0256166_12571440.jpg
実は、この展覧会は今年2月~4月まで東京の世田谷美術館で開催されていたのですが、
その展覧会が偶然にも愛知に巡回していたのです!
たまたま愛知県に帰省していたタイミングが重なり、見に行けてラッキーでした☆☆

c0256166_12574210.jpg
この、花森安治さん、編集長という肩書では表しきれないほどマルチな方!
雑誌の編集はもとより、画家・イラストレーターとして表紙画や挿絵を多数制作されているし、
(それがまた素敵な絵やイラストばっかりなんだからビックリ!!!)
グラフィックデザイナーとして本の装丁なんかもやっておられたり、
コピーライターとしては企業のCM制作に関わられたり、
また、ジャーナリストとして社会に一石を投じる活動なんかをされたり。
見た目、一瞬、「おばざん???おじざん???」と思ってしまうのですが(^_^;
めっちゃ才能あふれる素敵なおじさんなんですねー♪

c0256166_12584536.jpg
表紙原画、画:花森安治、『暮しの手帖』(1世紀19号、1953年3月1日刊)に掲載、世田谷美術館蔵

c0256166_12585665.jpg
『暮しの手帖』1世紀19号、発行:暮しの手帖社、1953年3月1日刊、暮しの手帖社蔵

c0256166_12590708.jpg
中吊り広告『暮しの手帖 2世紀3号』、デザイン:花森安治、1969年11月1日刊行用、世田谷美術館蔵
広告の文章が、ドン!ズバリ!!な感じでなかなかおもしろいんです。


残念ながら、愛知での巡回展は昨日で終了しています。。。
が、これから富山、岩手に巡回するそうですよ!
(って、このブログ読者の方のお住まいエリアとはかけ離れてそうですがw)
うまくタイミングあう希少な方は、是非、見に行ってくださいませー!

【花森安治の仕事 -デザインする手、編集長の眼】
6月16日から富山・高岡市美術館、9月2日から岩手・盛岡の岩手県立美術館を巡回予定。


[PR]
by dabudivi | 2017-05-22 13:00 | アート・デザインetc | Comments(0)

2017/5/18 フィンランド・デザイン展に行ってきました

長らく更新が途絶えておりましたダブディビ・ブログ…
年度開始やら決算やらGWやらと、あたふた4月末~5月初旬が過ぎてしまい、
気付いたらなんと5月も半分が終わり、下旬に突入しているというオ・ド・ロ・キ(@_@)
寝坊したって、ゴロゴロ寝転がっていたって、
泣いても笑っても時間だけはコツコツ前に進んでいるのですね、すごい。。。
そんな言い訳はさておきw

今回は久々にデザインをテーマにブログを書こうと思います。

c0256166_13093493.jpg
GWは旦那様の実家のある愛知県に帰省していたのですが、
名古屋で開催中の【フィンランド・デザイン展】を見に行ってきました。

私が初めて北欧を訪れたのは2003年だったかと思いますが、、
その旅行ですっかり北欧デザインに心酔し、
それ以来、毎夏、北欧旅行に出かけていた時期が数年間ありました。
フィンランド、スウェーデン、デンマークの3か国だけでしたが、
どの国も自然と街が近い距離にあること、生活とデザインが共存していることを感じ、
本当に素敵な国々だなと思っていました。
一時は、フィンランドの芸術大学(大学院)に留学を目指したこともあったり、
(実際には書類の提出まではしたものの、TOEFLスコアが箸にも棒にも掛からずで断念…(;´д`))
いつか北欧に住んでみたい…と妄想したりしましたが、
(こちらは“いつか”の気持ちを大切に現在も薄ぅーーーく頭の片隅で妄想中w)
結局は大阪市内の大学院を3年で(笑)卒業し、
今も日本国内で元気に暮らしておる、という私でございます。

話がそれましたw フィンランドデザインに話を戻します。

c0256166_13101684.jpg
フィンランドデザインと言えば皆さんご存知なのは、
マリメッコ、アルヴァ・アアルト、カイ・フランク、そしてムーミン!
ではないでしょうか。
日本にいても、よく目にするプロダクトデザインですよね。

c0256166_13103056.jpg
マリメッコは国際的に人気の高いテキスタイルブランドです。
大胆な構図、ハッキリとした色づかいが特徴的ですね。

c0256166_13104669.jpg
会場内で唯一撮影OKだったコーナーがマリメッココーナーでした。
SNSが普及した現在、ここだけが撮影OKというのもなるほどという気がしますね。
大胆な構図や色が特徴だと先程も書きましたが、
しかし実際には数えきれないほどたくさんのデザインがあり、
中には細かな柄のもの、シックな色づかいのものもたくさんあります。
そして私が声を大にして言いたいのは、
そんな世界的ブランドのデザインを生み出したデザイナーの中には、
日本人デザイナーが3人もいるのですよ!!!ということなのです!!!

c0256166_13110201.jpg
まずは、脇阪克二さん。
左のお写真をよく見かけるかもしれませんが、現在に近いのは右のお写真かなと思います。
(今年で73歳になられるそうです)
1968~76年、さらに2001年、マリメッコのテキスタイルデザインを手がけました。

c0256166_13112165.jpg
そして、石本藤雄さん。
1974年~2006年までマリメッコでデザイナーをされています。
(おっとびっくり、石本さんの方が年上ですね、今年で76歳になられます!)
石本さんがデザインされた生地はたくさんありますし、私も大好きなものも多いのですが、
今回の展覧会で展示されていた生地でめちゃんこかわいいものを発見♪♪

c0256166_13113972.jpg
これもう、参った!!!テキスタイルデザインとして素敵すぎるっっ(≧▽≦)
どないしたらこんなデザイン考えられるのかと思うほど、私の心をとらえました!!
これね、果物やお皿なんかの静物モチーフと、テーブルなんかを思わせるテーブルクロスと、
その二つの要素が立体感を出しながら、
一つずつの塊がリピート柄としてつながっていくという、もう、
ほんまにどうやって考えたのよ、もうっっ!!!
と思っちゃうほど“にくい”デザインなのですよ!!
しかもこれ、「AATTO」というタイトルのデザインなのですが、
1988年に発表されたデザインなのです。
約30年前のデザインですが、こんなに新鮮☆光ってる☆
現在は陶芸家として大活躍の石本さんなんですが、陶芸作品もまためちゃんこかわいくて、
本当に本当に素敵なセンスのおじさまです。

展覧会会場内に、石本さんへ質問をぶつけたアンケートの回答が展示されてますが、
これも是非読んでいただきたい。
なんとまあシンプルな回答だこと!!
機嫌悪いの???と思ってしまうほどに答えがシンプル、文字少なっっww
言葉ちゃうねん、デザインやねん。それでOKと思います♥

実は実は、私、それこそ北欧旅行にはまっていた2000年代初期、
ひょんなことからヘルシンキにあるマリメッコ本社に潜入できまして、
ラッキーなことに石本さんにお会いできたことがあるのです!!
その時、何を話したのか覚えてないのですがw、
一緒にお写真を撮らせていただいたのを覚えています♪
しかしその写真データがどこにいったのか…いつかどこかから出てくるはずですww
(出てきたらまたこのブログに載せることにしますw)

c0256166_13150304.jpg
そして、ここ数年私が恋い焦がれているこの方、鈴木マサルさん。

マサルさんは色々ググってみると、2010年あたりからマリメッコのデザインに関わられているそうです。
んがしかし、具体的にどのデザインを担当されているのかが私には掴めませんでした…。
テキスタイルデザインだけでなく、グッズのデザインなどもあり得るのだと思いますが、
ご自身のブランド、大学教授、加えて様々な企業とのコラボレーションもされており、
大注目のテキスタイルデザイナーさんなのですよー。

と私が思っていたのはこのお三方だったのですが、
なんと今回調べていて、もう一人、日本人デザイナーがいることを知りました!!

c0256166_13161422.jpg
大田舞さん。
2010年からマリメッコで服飾デザイナーをされています。
色々調べてみると、山口県出身、山口県立大学卒業後フィンランド留学、
現在はフリーランスでマリメッコのデザイナーをされいるそうです。

ということは、マリメッコに関わるデザイナーは日本人で4人もいるわけです!!
なんと誇らしいことでしょう!!


と、結局、マリメッコにいる日本人デザイナーのことだけ書いてこんなに長文になってしまいましたww
もはや、フィンランド・デザイン展の話とずれ過ぎて恐縮です(^_^;

展覧会では、マリメッコだけでなく、日本人もなじみ深い製品(家具や食器など)のデザインやそのルーツが知れたりします。
フィンランドが出来たのがちょうど100年前の1917年なんだそうです。
フィンランドの100年の歴史が、デザインを通して学べる良い機会です。
5/28まで開催中とのことですので、名古屋方面の方は是非、行ってみてはどうでしょうか♪
ちなみに、愛知県美術館の後、福井市美術館→府中市美術館→宮城県美術館に巡回されるそうですよー。

◆フィンランド・デザイン展◆
フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
2017年4月7日(金)~ 5月28日(日)
愛知県美術館
詳細はこちら→

---おまけ---
c0256166_13172818.jpg
会場最後に写真スポットありますよ。ムーミンと記念撮影できます♪

c0256166_13173846.jpg
フィンランドデザインの名作チェアも、いくつか座れるものがあります。
こちらも展覧会会場の外ですよ。

[PR]
by dabudivi | 2017-05-18 13:18 | アート・デザインetc | Comments(0)

カテゴリ

全体
活動の様子
ダブディビのお知らせ
福祉系の情報
アート・デザインetc
何気ないお話
未分類

最新の記事

2017/10/10 ライプ..
at 2017-10-10 12:39
2017/10/6 YELL..
at 2017-10-06 17:02
2017/10/4 カペイシ..
at 2017-10-04 06:09
2017/10/4 カペイシ..
at 2017-10-04 05:46
【告知】 ダブディビデザイン..
at 2017-09-29 17:38

最新のコメント

鍵コメさま、ありがとうご..
by dabudivi at 16:04
非公開コメントいただいた..
by dabudivi at 10:24
鍵コメさん>>> コメ..
by dabudivi at 15:53
まっつんさん>>> コ..
by dabudivi at 13:36
非公開コメントいただいた..
by dabudivi at 20:10
osampoさん、4日間..
by dabudivi at 15:51
お疲れ様です!お隣ブース..
by osampo at 21:34

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

お気に入りブログ

デザインのおやつ
デザイン図解 〜カプリス...
日々譚 hibitan
みっくすさいだーのブログ

検索

画像一覧