ダブディビ社長によるダブディビのブログ。お仕事やデザイン・ファッション・オシャレ情報etc、いろいろ発信いたします。


by dabudivi

プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016/2/25 アール・ブリュットという言葉について

先日のブログで、アール・ブリュット国際フォーラム2016に参加した様子を書きました。→
その中でも少し触れましたが、昨今、「アール・ブリュット」という言葉をよく耳にするようになりました。
「アール・ブリュット」とは、フランス人画家ジャン・デュビュッフェがつくったフランス語で、Art Brut=生の芸術という意味の言葉です。
正式な美術教育を受けてない人による芸術とされていて、障害者以外にも高齢者や祈祷師、呪術師、また刑務所で初めて絵を描いた人や孤独に何かを作り続けている人など、様々な人が作り出す作品がアールブリュットとしてスイスのアール・ブリュットミュージアムに収められています。
しかし日本では、アール・ブリュット=障害者アート、という新たな言葉の定義が出来上がりつつあります。

スウィングさんもおっしゃっていますが、
【アール・ブリュット=障害者アート】というのは間違いです。
しかし、【アール・ブリュット=障害者アート】という認識の波は、どんどん大きくなって広がっていきそうです。
私も障害者アートに関わる者の一人として、僭越ではありますが、私の見解を書いてみようかと思い、今日のブログを綴っています。

---------------------------
言葉に支配されてはいけない。
言葉は「ツール」でしかない。

音楽に例えると、CDショップで、
リップスライムはJ-POPの棚にあるのか、ROCKの棚か、ヒップホップの棚か?
TMレボリューションはもはや、アニソンの棚に置いてもよいのではないか?
誰が、誰に向けて伝えたいかによって、答えは違うし、違ってもよい。
それが大した問題にはならないし、分け方で音楽の聞こえ方が変わるわけではない。
好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いなのだ。
カテゴリー分けの仕方が各店舗で違っていることは、お客にとっては、そのお店の目利き所がわかって、かえってよいかもしれない。

アートをカテゴリー分けするのも同じくらいのことである。
アウトサイダー・アートでも現代アートでもよい。
要は、それが何かがわかればよいのである。
相手にちゃんと伝わればよいのである。

子供には子供にわかるように話をするし、老人には老人にわかるように話をする。
子供や老人に伝えたいと思うとき、私はアウトサイダーアートという言葉も使わないだろうし、現代アートという言葉も使わないだろうと思う。
「障害のある人が描いた絵だよ。」と説明するだろう。
---------------------------

この文章、実は2010年8月に私が自分のメモとして書いていた文章です。
(公表するつもりもなく書いていたので、なんだか変な文章でスミマセン。。。なんでTMレボリューションなのかとかは無視してくださいwww)
その当時は、障害者アートを「アウトサイダーアート」と呼ぶのか「現代アート」と呼ぶのか、という議論があり、私はこれをメモとして残していました。
また個人的な記憶としては、私は2006年から「みっくすさいだー」というグループ名で活動していたこともあり、その活動の説明時には「アウトサイダーアート」という言葉を使っていたのですが、
この分野では有名なとある施設長さんに「柊さんはなぜアウトサイダーアートということばを使うのか」とお叱りを受けたこともありました。
(その頃は、アウトサイダーアート以外にもエイブルアートやチャレンジドアート、ボーダレスアート・・・なんていう言葉もありましたね。)
それから6年たった今、偶然にもこのメモを読み返しましたが、
「アウトサイダー」の部分が「アールブリュット」になっているものの、今もなお、同じようなことを議論しているのだなと思いました。
そして、稚拙で乱暴な書き方ではありますが、私の考えはこの時から大きく変わってはいないのだということも確認できました。
私は、「アール・ブリュット」でも「アウトサイダーアート」でもそれは大きな問題ではないと思っていて、
言葉に踊らされるのではなく、本質を見極めなければ・・と思っています。
言葉狩りをするのではなく、私がやらなければいけないことは何だろう?そう考え、行動していきたいと思っています。


勿論、いろんな方同士で建設的な議論をすることも良いとは思います。
そこを否定はしませんが、
私は私がやらなきゃいけないことをちゃんとやらないとだめだぞ!と自分に言い聞かせたい、
そんな気持ちでおります。



以下、スウィングさんのブログを読んで共感したことがあったのでご紹介します。

2015年、スウィングさんは、“昨今の「アール・ブリュット」ブームに疑問符を投げかける1年”と位置づけ、様々な形で問題提起を続けてこられました。
その様子は以下からご覧ください。

★スウィングさんのブログはこちら・・・
展覧会「ART BRUT? NOT ART BRUT?」回想録 →
さよなら、アール・ブリュット ~前篇~ →
さよなら、アール・ブリュット ~後篇~ →


さよなら、アール・ブリュット~前篇~の中に、こんな言葉がありました。

(前略)つまりは「障害者アート」(ここでは「障害者アート」という呼称の是非、定義等には触れない。だってものすごくややこしくなっちゃうから…)=「アール・ブリュット」では決してないのである。


そうこれ!!
障害者アート=アール・ブリュットは違うけど、でも、じゃあどうやって言うかって言うたら「障害者アート」なんちゃうん??ってことなのです。
木ノ戸さんの文章にもありますが、
「障害者アート」って言っちゃうのもどうかと思うけど、そんなこと言い出したら色々ややこしくなっちゃうから、とりあえず「障害者アート」って言いますよ、
っていう意味で、みんなそれを「障害者アート」と呼んでいるんです。
じゃあ、それが答えやん、って思ったりします。
「障害者って言っていいの??なんかキツく感じない??」なんていう不安もあるかもしれませんが、
言葉尻を捕まえて、屁理屈みたいにあーだこーだ言ってるうちに、色々ややこしくなっちゃうんです。
だから、なんだかフワフワ・ごにょごにょしたフランス語に踊らされてしまうんです。


さよなら、アール・ブリュット~後篇~の最後の方にある言葉。

●アブノーマライぜ―ション
「障害者アート」=「アール・ブリュット」の定着以上に、僕たちが最も問題視しているのは「障害のある人」=「芸術性に秀でた人」という、根拠なき新たなド偏見が、明らかにあらわれはじめていることだ。


なるほど、と思いました。
障害のある人のことをあまり知らない人にとっては、良かれ悪かれ、障害のある人を“特別視”してしまう傾向があるということの現れなのでしょうね。
障害のある人にも良い人もいれば悪い人もいるし、おもしろい人もいればおもしろくない人もいる。
それは私たちと何も変わらないはずなのに、なぜか、ある一定のわかりやすい「像=イメージ」を頭に刷り込んでしまうのですね。。。怖いです。。。
それはメディアのせいかもしれませんし、これまでの福祉のあり方の影響なのかもしれませんね。
そこは、スウィングさんはじめ発信能力に長けた福祉事業所さんにイメージの払拭を図っていただきたいところですね。
そういう意味では、スウィングさんのブログなんかを読んでいると、身近な人の日常のおもしろいことや共感できること(できへんことも)が書いてあり、
変な“特別視”はなくなっていくのでは・・・と思っています。



長い文章を書いているうちに、なんだか支離滅裂になりそうなのでここらでまとめますが、
私がやらなきゃいけないこと、やろうとしていることは、
障害のある人のことや福祉の現状のことを知らない人に“知ってもらうこと”なのだという考えにたどり着きました。

「アール・ブリュット」でも「アウトサイダーアート」でも「現代アート」でも、適宜やればよろしい!!以上!!
[PR]
by dabudivi | 2016-02-25 17:03 | 福祉系の情報 | Comments(0)

2016/2/23 アール・ブリュット国際フォーラム2016に参加してきました

c0256166_15301721.jpg
2月上旬、滋賀県で開催された【アール・ブリュット国際フォーラム 】に参加してきました。
☆アール・ブリュット国際フォーラム2016についての詳細はこちら→

昨今、“アール・ブリュット”という言葉が注目を浴びていますが、滋賀県はその先駆けとなる活動を数年前から続けておられます。
※滋賀県の事業についてはこちらを参考に・・・→

c0256166_15283919.jpg
厚生労働省 障害者の芸術活動支援モデル事業実践報告会Ⅰ、Ⅱでは、国内の様々な取り組みの報告、
アール・ブリュット国際フォーラム 世界の現場から1、2では、スウェーデン、オーストリア、タイでの障害者アートに関する事例紹介、
美術館学芸員や専門家によるパネルディスカッションなど、ボリュームたっぷりの内容でした。
特に、海外の情報はなかなか耳にすることがなかったので、同じような活動が海外でもあるんだなと思い、非常に興味深い内容でした。

ここからは・・・
私の個人的なメモをもとに、私が見聞きした範囲で、私なりの解釈で文章をまとめていますので、
各発表者の言葉とこのブログでの文章は完全に一致するものではないことを、はじめにお断りさせていただきます。



「アール・ブリュットという言葉が必要な理由~世界の美術館の動向から~」と題して、
東京国立近代美術館主任研究員の保坂健二朗さんがお話をされていました。
アメリカの美術館での近年の動向を背景に、
アール・ブリュットという言葉がなぜ生まれたのかや、アール・ブリュットという概念が必要かどうかについて、
今まさに考える必要があるのでは・・・とおっしゃっていました。

日本では福祉の世界を中心にアール・ブリュットという言葉が使われていますが、
日本で使われているアール・ブリュットという言葉は、もともとのアール・ブリュットの概念から外れていて、
それは日本独自の状況なんだ、とのことでした。
世界的には美術・アートの世界を中心にアール・ブリュットという言葉が使われていて、ある意味それは世界共通語となっているのだそうです。
世界共通語である「アール・ブリュット」であればこそ、この言葉自体は必要なのだろうし、
さらに言えば、言葉の意味はどんどん進化・変化していくのもさけられない現実なのだろう、と。

福祉に携わる方からは、
「滋賀の作品(広く言えば日本の作品)と、スイスのアール・ブリュット作品を、ひとまとめにアール・ブリュットとしてよいのか?」
というご質問や、
「美術の専門家によってつけられた名前(=アール・ブリュット)を、本人はどう思うのか?福祉では本人確認は非常に重要と考えるが・・・」
とのご意見がありました。
保坂さんは、
「日本もスイスも、大きく言えばアール・ブリュットでよい。
 アール・ブリュットという言葉はジャン・デュビュッフェが作った言葉だが、もはやその概念だけでまとめる時代でないと感じる。
 アール・ブリュットかどうかという問いについては、様々な立場の人が議論をすることは建設的でよいと思う。」
「美術館は、様々な作品を集め、編集し、広く見せるという使命がある。
 その立場を考えると、いちいち作家一人ひとりに確認をとることは現実的に考えできない。
 (すでに作家が他界していることも多い。)
 ただし、大きな責任をもって作品を発表しているのだという自覚は美術館側にも必要。」
と回答されていました。


また、平田オリザさんの講演での言葉も興味深かったです。


◆講演 【少数者が、世界の見方を革新する】 平田オリザ(演出家・劇作家、東京藝術大学特任教授)
私たちは普段、様々なことを“丸くおさめて”生活している。
(そうしなければ、様々なことが起こりすぎて、いちいち大変なのである。)
アール・ブリュットは、丸くおさめて表現するのではなく、丸くおさめないで表現している。
文化による社会包摂とは、人間を孤立させないこと。
障害者も高齢者も失業者も子育て中の母親も・・・すべての人が文化活動によって社会とかかわることが必要。


いわゆる少数者=マイノリティな人々が、いずれ社会の見方を革新するんだ、
文化による都市の再生が国の再生につながるんだ、というようなことをおっしゃっていました。



障害者アートを「アール・ブリュット」と呼ぶのかどうか、様々な議論が私の周辺でも起こっています。
しかし、そういう議論があることすら、まだまだ一部の人の関心事でしかないと思っています。
言葉の議論と同時に、あるいはその前に、
本来の目的(=障害者アートの魅力を発信すること)をもっともっと真剣に取り組まなければならいないな、と感じています。




・・・とちょっと真面目な文章が続いてしまいましたが、
ここからは、会場で見つけた素敵な商品をご紹介します♪


c0256166_153208.jpg
出ました!埼玉のカウント5さんのマスクマン♪
c0256166_1532958.jpg
バッヂ(^_^)手作り感、味がありますね。
NPO法人カウント5→

c0256166_15322748.jpg
奈良の青葉仁会さんのブース。
c0256166_1532353.jpg
パウンドケーキ、めっちゃおいしかったです♪♪
バジルペースト、最高です!!
そして木の長~いスプーン、かわいくて買ったのですが、何に使おうかまだ思案中ですw
社会福祉法人青葉仁会→


c0256166_15325538.jpg

<おまけ>
アール・ブリュット国際フォーラムと併催で開催されていた「images アール・ブリュット、芸術の地平を開く」展。
なぜか【梅沢富美男、池田明子夫妻とアール・ブリュットを見よう!】という企画があったので参加してみした。
人だかりの向こうに梅沢富雄さんw
実は、奥様の池田明子さんがフィトセラピスト(植物療法士)だそうで、会場でハンドケアの実演ブースを出されていました。
福祉の世界にもこういう癒しの需要が多いそうです。
そんなつながりからの、【梅沢富美男、池田明子夫妻とアール・ブリュットを見よう!】だったそうです(^_^;)
池田明子さんのブログにも載ってました→
[PR]
by dabudivi | 2016-02-23 15:36 | 福祉系の情報 | Comments(0)

2016/2/19 京阪神zakkaマルシェにFUYUNIREさん出店♪

c0256166_12235858.jpg
女性だけでなく、最近は男性もかわいい雑貨が好きな方、多いですよね。
大阪梅田にある阪神百貨店で毎年人気のイベント「京阪神zakkaマルシェ」をご存知でしょうか??
京都、大阪、神戸にある人気の雑貨店が一堂に会し、かわいい雑貨が盛りだくさんに並ぶのですが、なんとそんな人気イベントに、福祉事業所のお店でもある「FUYUNIRE」さんが初出店されました!
イベントは既に終了していますが、会場の様子を少しご紹介させていただきます♪

c0256166_12243565.jpg
こちらが「FUYUNIRE」さんのブースです。

c0256166_1224442.jpg
「FUYUNIRE」さんと言えば、あの虹作家さんです!!
そう、ダブディビとフェリシモhaco.のNUSYでコラボさせていただいた今中さんです♪→詳細はこちら
今中さんの『水玉虹』の原画も飾ってありました(^o^)

c0256166_12251248.jpg
利用者さんのおもしろい絵を原画にした雑貨が並んでいます。

c0256166_12252154.jpg
新作BAGを発見!!
手描きのかばんです。色合いがとても素敵です◎

c0256166_12253033.jpg
裏側には、さをり織のモチーフがついています。

c0256166_12253711.jpg
このマークには「Erin」と入っています。
んんっっ??「Erin」って何だろう???と思ってスタッフの方に聞くと、
FUYUNIREの後ろの部分“NIRE”をひっくり返して「ERIN」→「Erin」なんだそうです。
実は、FUYUNIREを運営するNPO法人ホッとさんには「はるにれ」や「あきにれ」という事業所があります。
その流れでお店の名前が「FUYUNIRE」と名付けられたそうなのですが、
そんなホッとさんゆかりの名前である「にれ」という名前がブランド名の由来になっているのだそうです。
ちょっとまわりくどい説明になってしまいましたが、「Erin」はFUYUNIREさんのオリジナルブランドなんですよ(^o^)

c0256166_12264227.jpg
ちょっとマニアックですが、こんなかばんもありましたよ。
これ持って歩いてたら、いろんな人に話しかけられそうですよね(^_^;)

c0256166_12265328.jpg
私が今回GETした戦利品はこちら!
手拭い(左)とポストカード(右)。

c0256166_1227077.jpg
手拭いのデザインになった絵はは、利用者さんがみんなでいろんなハートを描いたそうです。

c0256166_12271032.jpg
じゃーーん!!広げるとこんな感じです、かわいいでしょーー♥
ハートなんだけど、この黄色がいいですよね!いろんな用途に使えそうです◎
私はキッチンで使おうかな、なんて思案中です。

c0256166_12273121.jpg
京阪神zakkaマルシェは終わってしまいましたが、吹田のFUYUNIREのお店はいつでもやっています。(勿論、定休日以外ですよw)
気になった方は、是非、お店に足を運んでください!
福祉のお店には見えない、普通にかわいい雑貨屋さんです!!
こんなお店がもっと増えたらいいな、と思います♪

FUYUNIREさんのブログ→
FUYUNIREさんのFacebook→
NPO法人ホッとさんのHP→
[PR]
by dabudivi | 2016-02-19 12:29 | 福祉系の情報 | Comments(0)

2016/2/18 やっほぅ!!ギャラリー「冬のワンダーランド2」、見てきました♪

c0256166_1356511.jpg
毎年この時期恒例になっているアトリエやっほぅ!!さんの展覧会が、2016年2月9日~14日まで同時代ギャラリー(京都)で開催されていました。

c0256166_13561899.jpg
入り口付近に飾ってあったのは刺繍の作品。
絵画の印象が強いやっほぅ!!さんの作品の中では、珍しい作品ですね。

c0256166_13562773.jpg
こちらの作品、タイトルが「うそ」です。
南さんという方の作品なのですが、たしか南さんはこういった顔のモチーフをよく描かれるのですが、今までは「かお」というタイトルが多かったように記憶しています。
それが今回は「うそ」です!!
思わずドキッとしましたwww

では、今回は写真がたくさんなので、展示風景を一気にどどーーんとご覧ください♪
c0256166_13565914.jpg

c0256166_1357597.jpg

c0256166_1357194.jpg

c0256166_13572872.jpg

c0256166_13573972.jpg


c0256166_13574770.jpg
続いて陶芸コーナーに入ると、いきなりこの作品がお出迎えです。
アートです、アート!!!

c0256166_13575512.jpg
そして、なんといっても今年の主役は彼女、小寺さん!!
小寺さんはこれまで陶芸作業を中心にされていて、絵はあまり好きではなかったそうです。
それが地図を見て、見よう見まねで描きだしたことをきっかけに、絵のおもしろさにはまったそうです。
今回の展覧会では彼女の絵がたくさん展示されていました♪

c0256166_135897.jpg

c0256166_13582163.jpg

c0256166_13584155.jpg

カラフルな色、建物の形、かわいいです(≧▽≦)

c0256166_13584940.jpg
そしてなんと、小寺さんの絵をモチーフにした陶芸作品もありました!
オペラハウス!!かわいいっっ!!

c0256166_1359064.jpg
こちらは既に定番になっていますが、イタリアのアパート(左)とおみせ(右)。

c0256166_13591340.jpg
音楽をテーマに制作された作品「音楽隊(さる、くま)」。

c0256166_13592352.jpg
iPhoneスピーカー(右)に「口笛を吹くさる」(左)。
どっちもかなりピンポイントを狙った商品!!
マニアック!!ニッチ!!おもしろいっ!!

c0256166_13595384.jpg
物販コーナーも充実していました!!
新商品、かわいいのがたーーくさん、ありましたよ♪
個人的には、はあと・フレンズ・ストアを通してアドバイスをした商品が形になっているのも見れて、すごく嬉しかったです(^o^)
また今後、はあと・フレンズ・ストアでも取り扱いさせていただきたいと思っていますので、
この展覧会を見のがした方は、楽しみにしていてくださいね!



アトリエやっほぅ!!さん、どんどん進化しています!!!
詳しく知りたい方は、やっほぅ!!さんのHPをご覧ください。

アトリエやっほぅ!!さんのHP→
[PR]
by dabudivi | 2016-02-18 14:01 | 福祉系の情報 | Comments(0)

2016/2/17 ダブディビデザイン×はあと・フレンズ・ストア セミナーvol.4のご報告

2/4~16まで、今回は少し長めの関西遠征(※関西出張のことですw)に行っておりました。
ブログ更新も久々ですが、関西で駆けずり回って集めた情報などをご紹介していきたいと思います。
まず今日のブログでは、2/9に開催したセミナーのご報告をさせていただきたいと思います。


c0256166_16114678.jpg

ダブディビデザインとはあと・フレンズ・ストアでは、毎年1回、両者主催で福祉セミナーを開催させていただいております。
今回で4回目の開催となりましたが、今回のテーマは『選ばれる授産製品 選ぶ知識 ~セレクトショップの役割~』
ここ1~2年、はあと・フレンズ・ストアを視察訪問される行政の方、福祉事業所の方が増えてきております。
どの方も口をそろえて、「自分たちの地域にもこんなお店を作りたい」「どうすればこんな素敵なお店ができるのですか?」とおっしゃります。
そんな風に言っていただけるのはありがたいことなのですが、そんなに多くの皆さんが疑問に思ってらっしゃるのであれば、
是非、そんな皆さんの疑問にお答えするようなテーマでセミナーを開催してみよう、というのが今回の意図でした。

c0256166_1612255.jpg
今回は盛りだくさんに3部構成のセミナーです。
1部は、ダブディビ・デザイン代表である私が講義をさせていただきました。
はあと・フレンズ・ストアのご紹介とともに、
セレクトショップとしてどのように運営しているかということや、
商品をセレクトする際のポイント、
また「カカオバー」の事例をもとに、オリジナル商品開発の参考情報などもお話しさせていただきました。

c0256166_1612401.jpg
2部は、公開・商品相談会として、
事前応募いただいた5名の皆さんに授産製品を持参いただき、商品開発などに関するお悩みを話していただきました。

c0256166_16125273.jpg
2部で商品相談を受けてくださったのは、デザイナーでもあり数々の授産製品の開発支援もされている畠健太郎さん

★畠さんの活動はこちら【プリズムデザインラボ】http://prism-d-labo.com/

時ににこやかにザックバランにいろんなアイディアを出してくださったり、

c0256166_1613441.jpg
時に「うーーん・・」とうなりながら、どうすればいいかを真剣に考えてくださったりと、
親身になったアドバイスを頂戴できました。

c0256166_16131422.jpg
3部はパネルディスカッションとして、京都でも商品力が高い先進的に活躍されている3つの事業所の職員さんにご登壇いただき、
各事業所の紹介から商品開発のお話し、工夫しているお話など聞かせていただきました。
トップバッターはスウィングの河原様。
「緊張してます。。」とおっしゃっておられましたが、とても分かりやすく楽しくお話ししていただけました♪

c0256166_16132345.jpg
続いて、サリュの後藤様。
工賃向上のことを考えると、ものづくりばかりに目が行きがちな昨今ですが、
まずは「支援」ありきなんだということをご説明してくださいました。
また今回は、七宝商品を担当されている勝矢様と一緒にご登壇いただきました。

c0256166_16133313.jpg
最後は、YOUYOU館の中村様。
中身にこだわって作っているものの売れ行きが伸びず苦労していたお菓子、
パッケージの改良を通して売り上げの向上、さらには利用者さんのやる気を伸ばせたという、素敵なお話を聞かせていただきました。


セミナー終了後のアンケートでも高評価だったのが3部のパネルディスカッションでした。
今回ご登壇いただいた3名のお話に共通していたことがありました。
①施設内、スタッフ間の情報共有の大切さ
②利用者さんそれぞれの個性を活かした商品開発
③周囲を巻き込むこと
(ボランティア、ファン、事業所の内と外のつながり)


このポイント、是非、今日から実践しませんか??
お金をかけなくてもまずは一歩踏み出してみる、そんな勇気をもらえた気がします。
ご登壇いただいた皆様、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました♪
[PR]
by dabudivi | 2016-02-17 16:18 | 活動の様子 | Comments(0)

2016/2/3 toi design展覧会にお邪魔してきました

c0256166_13514525.jpg
先日、東京都江戸川区にあるshop&Gallery PARKで開催されていたtoi designさんの展覧会「自由なポケット」を見に行ってきました。

c0256166_13515957.jpg
会場にはたくさんのお客さんがいて大盛り上がり♪
名古屋からのお客さん、明日引っ越しをするんですというお客さん、いろんなお客さんがいました(^o^)

c0256166_13542773.jpg
toiさんデザインのオリジナル衣装(障害のある方の絵を使っていますよ)の展示、販売のほかに、壁にずらーっと様々な生地が展示してあります。

c0256166_13543682.jpg
勿論、全て手描き、手作りの一点モノばかり。
これらの四角い生地は、全て、名古屋の障害のある方が描いたり縫ったりされたもの。
いわば「作品」です。
特別イベント「旅するミシン」と題して、
この四角い布=作品を会場で縫い付けてくれるというワークショップがありました。

c0256166_13544784.jpg
こちらがtoiのお二人・・・(とうちの娘ですwww)

c0256166_13545548.jpg
私が持ち込んだエプロンに、ポケットを縫い付けてもらっているところです。

c0256166_1355529.jpg
会場の片隅では、toiさん以外の商品も販売しており、ダブディビの商品も少し扱っていただいていました。
poRiffもありましたー!

c0256166_13551318.jpg
こちらが、縫い付けてもらった布モノたち!!

c0256166_13552081.jpg
旦那さんのジーパン。股の破れを刺し子風に手縫いで補修!
めっちゃカッコいい!!

c0256166_13553164.jpg
私のエプロン、ポケットがなくて不便だなーと思っていたので、とっても嬉しい♪♪

c0256166_13554271.jpg
娘のお洋服。
保育園用に安くてシンプルなものを買ったばっかりに、あまりにも味気ないし、可愛げがないなぁ・・・
と思っていたものが可愛く進化!!


toi designさんお二人の製作風景を見ていると、
サクサク、どんどん作品が生まれていき、すごく“ライブ感”を感じました♪
アーティストだなーーー、なんて感心しちゃいました(^o^)
toiさんはこれからいろんなところで活動を展開されるそうです。
夏頃には京都で展示会があるとか・・・♪
気になった方は、HPをチェックしてくださいねー。

toi design(トワ デザイン)のHP→



<お礼>
こちらのブログでもしつこくご案内していたセミナーですが、
定員に達しましたので、お申込み受け付けは終了させていただきました。
参加申し込みをしていただいたみなさん、2/9、京都でお待ちしております!!

===【ご案内】=======================

ダブディビデザイン×はあと・フレンズ・ストア セミナーvol.4
『選ばれる授産製品 選ぶ知識 ~セレクトショップの役割~』

【日時】 2016年2月9日(火)13:30~16:30
【場所】 京都産業会館7階 第3研修室
詳細はこちらをご覧ください→
c0256166_13585389.jpg

[PR]
by dabudivi | 2016-02-03 14:00 | アート・デザインetc | Comments(0)

カテゴリ

全体
活動の様子
ダブディビのお知らせ
福祉系の情報
アート・デザインetc
何気ないお話
未分類

最新の記事

2017/12/8 【タムタ..
at 2017-12-08 11:38
2017/12/6 【Co-..
at 2017-12-06 10:34
2017/11/30 スウィ..
at 2017-11-30 16:53
2017/11/24 西岡弘..
at 2017-11-24 12:21
【ご報告】umi tote ..
at 2017-11-20 13:08

最新のコメント

鍵コメさま、ありがとうご..
by dabudivi at 16:04
非公開コメントいただいた..
by dabudivi at 10:24
鍵コメさん>>> コメ..
by dabudivi at 15:53
まっつんさん>>> コ..
by dabudivi at 13:36
非公開コメントいただいた..
by dabudivi at 20:10
osampoさん、4日間..
by dabudivi at 15:51
お疲れ様です!お隣ブース..
by osampo at 21:34

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

お気に入りブログ

デザインのおやつ
デザイン図解 〜カプリス...
日々譚 hibitan
みっくすさいだーのブログ

検索

画像一覧