株式会社ダブディビ・デザインの公式ブログ。 障害者アートや福祉とデザインに関することなどを綴っています。 http://www.dabudivi.com/


by dabudivi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:活動の様子( 125 )

2018/2/16 共生の芸術祭~Hello World~のご報告・前篇

c0256166_17480050.jpg
今月上旬、京都で行われた【共生の芸術祭~Hello World~】
3つの会場で行われたこの展覧会の一つ、Exhibition1【Hello World】に、
ダブディビ・デザインも参加させていただいておりました。

c0256166_17481504.jpg
会場は、イオンモール京都桂川「竹の広場」。
ショッピングモール内でのイベント広場空間ということで、
展覧会目当ての方だけでなく、広くたくさんの方々に見ていただけたのではないかなと思います。

c0256166_17482550.jpg
今回、ダブディビ・デザインの活動の原点として、
みっくすさいだーの原画・商品の展示が行われました。
みっくすさいだーとは、2006年に当時の神戸芸術工科大学ファッションデザイン学科の学生有志と私、
原画作者である中村清剛くんではじめたデザイングループです。
ブランド名として商品化にも取り組み、過去には、大丸やフェリシモなどでいくつかのデザインが商品化されました。

c0256166_17484115.jpg
みっくすさいだーの一番最初の作品です。
タペストリー(写真右)は、大学のラボでみんなで手捺染で制作した力作です!

c0256166_17485286.jpg
中村君の動物の絵なんですが、私が保管しているだけでも、とにかくものすごい数があるんですね(^_^;
今回、co-jinさんが工夫してくださり、こんな展示方法にしてくださいました。

c0256166_17490211.jpg
動物の絵を描いて、その形にハサミでグルっと切り抜いています。
当時の中村君は、みっくすさいだー用に原画作品を持ち込むのに、動物を切り抜いて持参してくれていました。

c0256166_17491205.jpg
表にはその動物の名前が書いてあり(時には、和名と英名が並びます)、
裏にはその動物の鳴き声が書いてあります。

c0256166_17492219.jpg
今回、数年ぶりに中村君に再会できましたー♪♪
記念写真をパチリ(^o^)

c0256166_17493130.jpg
co-jinさんが用意してくださった今回の展覧会のチラシに使用されたキービジュアルのシールです。
それを中村君が自分の展示スペースに貼り付けます。

c0256166_17494107.jpg
こんな感じになりました。

c0256166_17495166.jpg
みっくすさいだー以外にも、ダブディビ・デザインの過去の商品化事例として、
フェリシモで商品化された長村良彦さんの作品【ヘキサゴンとペンタゴン】とその柄のお洋服も展示しました。

c0256166_17500141.jpg
また、今春販売開始になる一番新しい商品化事例として、
ブルーミング中西×ダブディビ・デザインのハンカチも展示していただきました。
左が、枝松直子さんの原画作品【夏のあじさいの わがしのにおいがする 森の小びとのようせいたちの カフェテラス】と、
右が、山出高平さんの原画作品【夏の貼り絵】です。
こちらの商品については、来週初めに正式に発表させていただきますので、詳細は今しばらくお待ちくださいね!!


そして、ダブディビ・デザイン以外の展示作品もいくつかご紹介しますね。

c0256166_17501401.jpg
【ロボット】八島孝一さん
八島さんは、道でいろんなモノを拾ってきては、それをつなぎ合わせ立体物を制作されていたそうです。

c0256166_17505709.jpg
【流血雄也】川上建次さん
作品自体とても大きなサイズで、迫力満点の作品でした!

c0256166_17511209.jpg
【花の小物】国保幸宏さん
京都のアトリエやっほぅ!!に所属する作家さんですね。
色の重厚な重なりと、何とも言えない柔らかなニュアンスが素敵です。

c0256166_17513343.jpg
【無題】村田清司さん
村田さんの作品は、絵本「きみのこころのあじがする」にも使用されており、
その絵本は世界でも高く評価されているんだそうです。
和紙に描かれた独特の世界がとてもかわいいです。

c0256166_17514762.jpg
そしてこちらは、岡山にある福祉事業所ぬかつくるとこに所属の作家さん、戸田雅夫さんのインスタレーション作品。
「とだのま」という戸田さんんが営むおみくじ屋さんを、この展覧会会場でも再現したそうです。

※「とだみくじ」の体験イベントは、展覧会初日限定の実施だったため、
 残念ながら私は参加できませんでした…。

c0256166_17520972.jpg
とだみくじはこんな感じ。
戸田さんがふと思った言葉をその場で書いてくれるそうです。
いつか是非、私も書いてもらいたいです。


★共生の芸術・Exhibition1の詳細はこちら→http://co-jin.jp/exhibition/609/

尚、Exhibition3はco-jinにて3/18まで開催中です!
また改めて、Exhibition2とExhibition3の模様もご紹介させていただきますね♪
(ということで、後篇につづく・・・)


[PR]
by dabudivi | 2018-02-16 17:52 | 活動の様子 | Comments(0)

2018/1/26 ポコラートvol.7受賞者展を見てきました

数多くある障害者アートの展覧会の中で、一番大好きな展覧会がポコラートです。
年に一度、アーツ千代田3331で開催される公募展です。
(これまでにも、このブログでも何度かご紹介しています。)
(ちなみに、ポコラートvol.7の様子はこちらからご覧になれますよ)

ダブディビブログ過去記事より
「ポコラートvol.7」やっぱり最高!!~前篇~→
「ポコラートvol.7」やっぱり最高!!~後篇~→

正確には、障害のある人もない人も応募できる公募展なので、
障害者アートに限っているわけではないのですが、
おそらく多くの応募作品は障害のある方が作られた作品であるという事実があります。

そんなポコラートですが、
昨年のポコラートvol.7において各賞を受賞された方々による≪受賞者展≫が現在開催中です。

c0256166_11131931.jpg
今週は全国各地を記録的な寒波が襲っていますが、私がアーツ千代田を訪れた前日は関東でも大雪!
なので、この日もまだ雪がたくさん残っていました。

c0256166_11133986.jpg
【ポコラート全国公募vol.7受賞者展 -8人のマイ・ウェイ-】
場所は、アーツ千代田3331の1Fにある、3331 Galleryです。

c0256166_11135608.jpg
入ってすぐにあの作品!!
そうです、本田正さんのだいこんですっっ!!

c0256166_11141779.jpg
やっぱり実物はいいですね。
筆のたっちとか、色の重なりとか、紙の感じとか…
なんかもう“萌え”の感覚ですww

c0256166_11142816.jpg
おっと!シリーズ作が増えていますよっっ!!

【だいこんとえいよう】本田正

c0256166_11144930.jpg
そしてこちらもシリーズ作品のたくわん

今回、本田さんの詳しいプロフィールを読んで、ほほーーー!と納得。
10代の頃、サーフィンにはまっていた本田さんですが、
26歳からアートを始め、サーフィンとアートの両方にどっぷりはまったそうです。
その後、うつ病を患ったり、知的障害が見つかったりして、
今では農業とアートに取り組んでおられるのだそうです。
自分で野菜を作っているため、アート作品を野菜をテーマにしてはどうかとなり、
これらの作品が生まれたそうです。

c0256166_11150536.jpg
会場風景。

c0256166_11151708.jpg
こちらも大好きな作品です。

【あひる】後藤美樹


後藤さんの作品に添えてあった審査員コメントがとてもよかったです。
一部、抜粋してご紹介しますね。


藪前知子(東京都現代美術館学芸員)
あひるを描こうとしたら2になってしまった。
子どもの絵描き歌の世界にも通じるこの驚きを、
作者は繰り返し確かめるように描いている。
彼女はその都度、2とあひるの境界がどこにあるのかを推し量る。
(中略)
面白いのは、明らかに2という数字が書かれているのにすぎないのに、
それが命を持ち、あひるに見えるという反転が起きるときだ。
この一口は、異なる世界を束ね、
行き来する通路を作るという、
「芸術」という術の本質に確かにつながっていると感じる。
(後略)


本当にまさにそうなのです!
後藤さんの作品も勿論、大好きですが、
このコメントにもとーーーっても納得してしまいました。
アートの解説って、場合によってはチンプンカンプンなことが多いのですが、
(私にその理解能力がないだけかもしれませんが…ww)
こうやって丁寧にわかりやすく解説していただけると、なんか嬉しいです。


c0256166_11154673.jpg
こちらは、ポコラート7回目の今回から名前を変えた応募部門、
「形にならない表現部門」の受賞作品ですね。

【ことば+つむぐ】中村和暉

c0256166_11160293.jpg
【ねじまわし】上之昌道

こちらは「オーディエンス賞」を受賞された作品です。
確かに、昨年のポコラートvol.7会場で見たのもしっかり覚えているのですが、
今回、作者の上之さんの制作風景の動画を見て、かなり引き込まれてしまいました!!

c0256166_11161903.jpg
作品解説を少しご紹介しますと、
いらなくなった家電など身の回りにある様々な日用品を集めてきては解体し、
そこから出る部品と廃木材とを組み合わせて作品を作っているそうです。
作っては壊す、という行為を繰り返されているそうです。
おもしろいですね~♪♪

c0256166_11163357.jpg
是非、展示とともにこの動画を見ていただきたいです。

この展覧会は2/4まで開催中です。
皆様、是非ご覧くださいねー♪


【ポコラートvol.7受賞者展】
日程:2018年01月07日(日)~2018年02月04日(日)
時間:12:00-19:00
休み:会期中無休
料金:無料
会場:1F 3331 Gallery
詳細はこちら→


[PR]
by dabudivi | 2018-01-26 11:17 | 活動の様子 | Comments(0)

2018/1/19 小さくても頑張っている展覧会【dot】を見てきました

私は職業柄、障害者アートの展覧会によく足を運びます。
昨今、障害者アートの展覧会の開催も増えてきており、
ありがたいことに、マニアックな私の元にはこの種の展覧会情報はたくさん集まりますので、
正直に申し上げ、私はもう体が足りない状態になることも多いです(^_^;

(時間と距離が許せば、これも見たい!あれも見たい!と思う展覧会はたくさんあります。)

そんな展覧会の多くは、
各地域の行政が主催するような展覧会だったり、
様々な助成団体が主催するような展覧会だったり(前回ブログの日本財団さんなんかもそうですね)、
また、それぞれの福祉事業所が自前で行う展覧会だったりしますが、
それ以外にも、個人で頑張って活動されている方の展覧会なんかもあるわけです。
たまたまあるご縁がありつながった方(関西在住)が、
東京で展覧会をされるとおハガキをくださったので、これは楽しみ♪と出かけました。

c0256166_11232754.jpg
展覧会会場は、民家を活用して営まれているカフェ。
ごはんとお茶・スノウドロップさんです。→スノウドロップさんのHPはこちら
ふつーーーのお家、みたいなところです。

c0256166_11240563.jpg
門をくぐり、玄関につくまでにも、おっと!!
意表を突いたところに作品展示!!ww

【バス】宮地 信也

c0256166_11242085.jpg
大胆な展示方法ですね(^_^;
いいんです、自分達がいいと思ったように展示すればいいんです!!

【晴れ】山本 努

c0256166_11243587.jpg
そしていよいよこちらが玄関。
まるで、小学生の頃、友達のお家に遊びに来た時のような懐かしい感じ♪
(勿論、ここに来るのは初めてですよw)

c0256166_11244548.jpg
店内はこんな感じです。
和室のお部屋に座布団・机が並んでいて、ほっこりする感じ。
作品は部屋の壁に展示されています。

c0256166_11245683.jpg
c0256166_11250534.jpg
こんな感じで、何気なく展示されています。

展示されている作品は、アメリカ・サンディエゴのSophie's galleryという施設の作品と、
日本・大阪の社会福祉法人嘉誠会 ヴァンサンクの郷という施設の作品、
塔本美術教室、こどもアートさんの作品です。

c0256166_11252528.jpg
【Abstruct】Kalaya Barker

c0256166_11253879.jpg
【海辺のドライブ】田中 真琴


この活動を主導されている方は、
独自でアメリカにもコンタクトをとり、ご自身で現地も訪れられ、
その後、日米交流展を開催されているそうです。
実は、2016年11月にも大阪で日米交流展を開催されていて、私はその展覧会も拝見していました。
作品の魅力はもちろんのこと、
こうやって、小さな活動でも想いをもって活動されている方の展覧会が行われているということは、
とても素晴らしいことだなーーと思っています。

c0256166_11255934.jpg
そして、ここに行くことの楽しみの一つであったランチ♪♪
スノウドロップさんは、地元の農家でとれた野菜を中心にしたランチを提供されています。
優しくて、おいしいお味でした~(≧▽≦)

c0256166_11261534.jpg
お庭を眺めながら、ケーキとお茶、なんかも良いと思います。
(私はデザート付きのランチを楽しみましたー)


<展覧会情報>
※展覧会は昨年2017年に行われたものです。終了しておりますのでお気をつけください。

【dot】
日時:2017年10月29日~11月10日、11:30~16:30
場所:ごはんとお茶・スノウドロップ(大泉学園駅)
協力:Sophie's gallery、社会福祉法人嘉誠会 ヴァンサンクの郷、塔本美術教室、こどもアート
主宰:こばとアート舎 http://www.kobato-art-sha.com/


[PR]
by dabudivi | 2018-01-19 11:27 | 活動の様子 | Comments(0)

2018/1/10 【Museum of Together展】最終日にすべり込みました

あけましておめでとうございます。
2018年最初のブログですが、2017年の展覧会の内容です(^_^;
去年のうちにご紹介しきれなかったものを、ご紹介させていただきます。

c0256166_17304469.jpg
日本財団さんが主催された展覧会、【Museum of Together展】です。
東京・南青山のど真ん中にある、超オシャレなビル、スパイラルでの開催でした。

c0256166_17305725.jpg
私がこの展覧会に行けたのは最終日だったのですが、
直前に安倍首相や香取慎吾さんが来場されたことがニュースでも話題になったようで、
とにかく大混雑の展覧会でした!!
そんなわけで、作品一つ一つの作者名やタイトルなどメモれなかったので、
ざーっと会場の雰囲気をお伝えしますね。

c0256166_17311009.jpg
会場の最初の方に展示されていた作品、迫力満点です!

c0256166_17312026.jpg
カッコいいです!

c0256166_17313091.jpg
よぉーく見ると、テレビのキャラクターなどを描いているようでしたが、
独特のイラストで個人的に好きな作品でした。

c0256166_17314007.jpg
この展覧会は展示方法もいろいろ工夫されていたようで、
バリアフリーになっていたり、いろんな高さで作品が展示されていたりしました。
この作品は割と低い位置に展示されていました。
大人だと、少ししゃがみこんで観賞するような感じですが、
子供さんや車イスの方だと見やすいのかもしれません。

c0256166_17315126.jpg
【しあわせをよぶふくろう】小松和子

本当に、幸せがやってきそう~♪♪

c0256166_17320340.jpg
たーくさん並んだこの作品、実はすんごい緻密なのです!

c0256166_17321607.jpg
【折り葉の動物たち】渡邊義紘

葉っぱを折り紙のようにして折り、動物を作っているのですねー、スゴイ!!

c0256166_17323020.jpg
【とり】Emi

c0256166_17324150.jpg
【無題】藤岡祐機

多分、紙をカッターで細ぉ~く切って、それをただひたすらに繰り返した作品。
でも、こんなになるまで細く、途切れないように切るのって、並大抵の集中力じゃない気がします。

c0256166_17325830.jpg
【Embroiderers】青山悟

c0256166_17331399.jpg
そして、2つの作品をみるための長~い行列!!
私もちゃんと並んでみました。

c0256166_17332455.jpg
【火のトリ】香取慎吾

c0256166_17333863.jpg
【イソゲマダマニアウ】香取慎吾

c0256166_17335534.jpg
スパイラル入口のショップ。

c0256166_17340486.jpg
なんと、展覧会期間中、ダブディビ・デザインの商品も少し扱っていただいていました♪
スパイラルに商品が並ぶなんて、嬉しいことです^o^

c0256166_17341506.jpg
私がGETしたブローチ、奈良のGood Job Center香芝の商品です。
オバケかと思ったら「ライオン」って書いてありました~ww


この展覧会に関する詳細はこちらからどうぞ→


[PR]
by dabudivi | 2018-01-10 17:35 | 活動の様子 | Comments(0)

2017/12/28 【みずのきアーカイブのための展覧会】とみずのきアトリエ見学

c0256166_17462807.jpg
今年10月、少し肌寒くなってきた時期に、亀岡(京都府)にあるみずのきさんに見学に行かせていただきました。

c0256166_17464389.jpg
お目当ては、みずのきの創立5年目に開設され、今なお活動が続いているという「みずのきアトリエです。

設立当初(1964年頃)は、日本画家の西垣籌一氏が絵画指導にあたっていたそうです。
現在は、アーティストの森太三さんが支援をされています。

多分、みずのきアトリエ内の様子はあまりメディアなどには公開されていないのではと思います。
実際私も、この日ここに行くまではその詳細についてはあまりよく知りませんでした。
この日も数名の方が制作を行っておられましたが、写真公開は控えるようにとのことでしたので、
数枚だけ、なんとなーーくの雰囲気写真で現場の雰囲気をお伝えします。

c0256166_17471327.jpg
ちょっとしたことですが、画材の用意なんかも工夫されていました。
醤油入れのような小さな容器(いやまさに醤油入れですがw)に、水に溶いた絵の具を各色用意しておれました。
きっとこの方が使いやすいということですね。

c0256166_17472345.jpg
片付けやすいようになっているのかな。

c0256166_17473251.jpg
アトリエのそこここに、木片やいろんな紙があって、素材も色々試行錯誤されている様子が伺えました。

森さんもおっしゃっていましたが、障害のある方のアート活動の支援は、
「教える」のではなく、できない部分をサポートするとか、彼らがやりやすいように環境を整えるとか、
そういうことが主なようです。

実はこの日、みずのきアトリエに初期から通っていらっしゃる男性が来ておられ、
西垣先生はこうだった、こういう風に教えてくれた、など話してくださいました。
「西垣先生は怖かったですか?」と聞くと、「怖かったよ~^_^;」とおっしゃっていました。

c0256166_17474594.jpg
その後、みずのき美術館に移動しました。

c0256166_17480175.jpg
ここは、大正時代に作られた小さな町屋を改装しています。
美術館として使われる前は、理髪店だったそうで、その頃のサインが残っています。

c0256166_17481201.jpg
この日は【みずのきアーカイブのための展覧会 2017】と題した展覧会が開催されていました。
1階は、牧野惠子さんの作品。
牧野さんは3年前からみずのきアトリエに通われているそうです。

c0256166_17482765.jpg
作品もさることながら、展示方法がおもしろかったです。
いろんな方向から、いろんな高さから見れるように展示されています。

c0256166_17483834.jpg
1階には、みずのきのアーカイブ作品を見ることができる端末も用意されています。

c0256166_17485151.jpg
2階は、中川直昭さんの作品。
中川さんの制作は、30分で30枚ほどを一気に描き上げるのだそうです。
その勢い、圧倒的な量、それを感じる展示でした。

c0256166_17490408.jpg
こうして並べると、景色として素敵ですね。

c0256166_17491415.jpg
そして、実はみずのき美術館には小さな地下のお部屋があります。

c0256166_17492300.jpg
こんな不思議な作品が展示されていました。
これを“作品”として見つけ、大切に扱い、こうして展示する、
その周囲のサポートが素晴らしいですね。


みずのき美術館についてはこちら→


今年も、たくさんの展覧会を見て、たくさんの素敵な作品に出合いました。
やっぱり作品を“生”で見ると、その良さがよくわかることは勿論ですが、
作品が見つけ出された背景や作品の展示方法などを通して、
その作品や作者に関わる方々の“愛”をたくさん感じることができました。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、
障害者アートにも注目が高まっています。
来年もたくさんの素敵な作品に出合えることを楽しみにしています♪♪

本年もこのブログを読んでいただき、ありがとうございました。
来年もコツコツ頑張って更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします^o^


ダブディビ・デザイン 柊
2017年12月28日

[PR]
by dabudivi | 2017-12-28 17:49 | 活動の様子 | Comments(0)

2017/12/27 かなえちゃん個展【Hyogening Kawaring】かわいいです

c0256166_13362136.jpg
今年10月に大阪中崎町のitohenさんで開催されたかなえちゃんの個展、
とってもかわいくて好きでした♪
その様子をご報告いたします。

c0256166_13364416.jpg
かなえちゃんプロフィール
かなえちゃんは1980年生まれだそうですから、えーっと・・・
んんっつ???
今年37歳!!??

小柄でキュートなかなえちゃん、もっと若いと思っていました!!
ちょっとビックリ( ゚Д゚)

※しかし、障害のある方って、若く見える方多いですよね(^_^;
 あるある、かな??

2006年、スウィング設立の頃からのメンバーさんのようです。
スウィングのアート活動「オレたちひょうげん族」の創始者だったとも書かれていました。
(かなえちゃんが一番最初に絵を描き始めたのだそうです。)

c0256166_13370679.jpg
初期の作品、詩=ポエムですね。
頭が痛いとか、お腹が痛いとか、ピーマンとセロリとアボカドは嫌いだから食べないとか…
割とマイナスなこと書いてますねww
いや、素直です!!

c0256166_13371854.jpg
こちらも初期の作品。
同じモチーフを画面いっぱいに並べて描くスタイルですね。
でも、詩と違って、モチーフが猫やチューリップなどかわいい、平和なものが多いかな。

c0256166_13372923.jpg
少し進化した時代の作品。
モチーフも鳥居や丸など、バリエーションが増えていますね。
私は、京都のはあと・フレンズ・ストアを通じてスウィングさんと親しくなったのが丁度この頃なので、
とても懐かしい作品が多かったです。

c0256166_13374174.jpg
四角いお花の作品。
※ゴメンナサイ、タイトルをメモるの忘れておりました…

c0256166_13380440.jpg
ハートと銀杏の葉っぱがコラボした作品。
※ゴメンナサイ、タイトルをメモるの忘れておりました…

c0256166_13382061.jpg
そして、急に作風が変わった時期の作品。
サイケデリックな色で画面が埋め尽くされるようになります。
この時期の作品も大好きです♪♪

c0256166_13384755.jpg
【うねる波☆サイケデリックⅡ】

c0256166_13394687.jpg
【西瓜バラバラ☆サイケデリック】


施設長・木ノ戸さんの解説によると、
かなえちゃんは今、サイケ期も通り越し、
絵を描くことそのものをやめ、
八つ橋の箱折りに没頭しているそうです。

緊張や気後れでスウィングからの移動も難しかったかなえちゃんが、
今では自分でバスを使って自宅に戻ることができること、

大勢の人の中に入ることさえ難しかったかなえちゃんが、
今では朝礼や終礼で「今度の休みは買いもに行きます」など発言できたりすること、

作品の変化だけでなく、
そんなかなえちゃんの中で起きている変化こそ、意味があるのかもしれません。
アートをやる意味は、そういうことなのかな…??


かなえちゃんの作品は、2018年春夏にブルーミング中西様×ダブディビ・デザインの
【ART BRUT ハンカチーフ】としても商品化されます!!
まだ詳細はお伝えできませんが、来年2月頃にはご紹介できると思います♪
楽しみにしていてくださいねー^o^


スウィングさんのHPはこちら→

[PR]
by dabudivi | 2017-12-27 13:46 | 活動の様子 | Comments(0)

2017/12/25 otto & orabu のライブ、最高でした!!

c0256166_11351542.jpg
皆さん、鹿児島にある「しょうぶ学園」はご存知でしょうか??
福祉関係に従事されている方や、クラフトや手仕事に興味のある方はご存知だと思いますが、
日本で一番有名な福祉施設、と言っても過言ではないかもしれません。
そのしょうぶ学園には、「otto & orabu」という楽団があります。
「otto & orabu」のライブが生で見れる!ということで、先日、横浜まで行ってきました♪

c0256166_11353792.jpg
会場は、横浜市立港南台ひの特別支援学校のホール。
残念ながら会場内の撮影・録音は一切禁止でしたので、当日の様子は入り口まで…しかないのですが、
こちらの支援学校、とってもきれいで立派で驚きました。
ホールもとても立派な設備が整っていました。

ここからは、私の文字でお伝えするしかないのですが、
なんせとっても素敵なライブでした!!!

・・・と書いてしまうと、いかにも私の語彙力の無さが露呈してしまいますが、
本当に素敵だったんです(≧▽≦)

主に、民族楽器で構成されたパーカッションチームなのですが、
主旋律は職員さんが担当するピアニカやピアノ、木琴、トランペットなどがリードして、
そこに障害のあるメンバーたちの意図的であり、意図的でない音がのっかり、
もうそれが見事に素晴らしい音楽を作り出しているのです!!

指揮をされているのが施設長の福森伸さんなのですが、
福森さんの指揮がまた見事で、
ちゃんとみんな指揮の指示に従って(勿論、従ってない部分もOKとしているのでしょうが)、
絶妙にリズムを奏でているのですが、
多分あれは、日頃からの関係性、信頼関係がなければできないのではないかと思ってしまいます。

とにかく、私が拙い文字で伝えても全く伝わらないと思いますので、
是非、皆さんには見てほしい、体験してほしい!!と思います。
と思うのですが、多分、生で「otto & orabu」のライブを見れる機会はかなりレアです。。。
Youtubeなんかでも動画がUPされていますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

「otto & orabu」の詳細はこちら→

otto & orabu PV for IMS Live 2013/3/9

c0256166_11365397.jpg
ちなみに音源はCD化されており購入可能です。
私もちゃっかり購入し、早速、聞いて楽しんでおります♪

で、こんなにグダグダなよくわからない文字情報だけでもいかんな…ということで、
「otto & orabu」ではないのですが、
しょうぶ学園のモノづくりを見れるイベントが東京で開催中ですので、
その様子と情報をご紹介させていただきますね^o^

c0256166_11370741.jpg
しょうぶ学園クラフト展【あなたにサンキュー

こちらは、現在、国立新美術館の地下で開催中です。
しょうぶ学園で作られる製品、木工・和紙・陶芸・布の4つの工房で生まれた個性あふれる作品が多数展示販売されています。

c0256166_11372108.jpg
こちらは布製品。がま口ポーチやブローチなど。

c0256166_11373419.jpg
こちらは織のかばんですね。

c0256166_11374869.jpg
陶芸の食器。

c0256166_11380947.jpg
木工の器やカトラリーなどなど。

c0256166_11382118.jpg
紙製品。

c0256166_11383319.jpg
手描きのイラストが描かれたBAGもありました。

c0256166_11384562.jpg
こんな不思議なオブジェも展示されています。


そうそう!!
実は私、2015年3月に鹿児島のしょうぶ学園を訪問させていただいたことがあるのです!!
その時の様子もブログでご紹介していますので、ご興味あるかたはこちらも是非どうぞ~。

しょうぶ学園 訪問記その1はこちら→
しょうぶ学園 訪問記その2はこちら→
しょうぶ学園 訪問記その3はこちら→
しょうぶ学園 訪問記その4はこちら→


このイベント【あなたにサンキュー】は、2018年1月22日まで開催中です。
年末年始、東京に遊びに行くよ、という方も、是非、のぞいてみてください♪
イベント詳細はこちら→


しょうぶ学園のHPはこちら→


[PR]
by dabudivi | 2017-12-25 11:41 | 活動の様子 | Comments(0)

2017/12/22 「ポコラートvol.7」やっぱり最高!!~後篇~

ポコラートvol.7の様子をお伝えしていますこのブログ。
前篇はこちらからご覧いただけます→
本日は後篇をお伝えします♪

実は、私がポコラートvol.7を見に行ったその日は、
関連イベントとして《アーティスト・トーク》が開催されている日でした。
今日はいくつかの作品とアーティストさんを、ご一緒に紹介したいと思います。

c0256166_16540294.jpg
【ゴミバコ】 野村知広(大阪府)

なんか懐かしいですね~、私も子供の頃、母に頼まれてよくコレ折ってました!
何気ない日常の行為の一つですが、そこに目を付けるかどうかは職員さんのセンスですよね。

c0256166_16541732.jpg
作者の野村さんが会場に来られていました。

c0256166_16543212.jpg
こちらは石橋さん。
とっても緊張しているようです。

c0256166_16545095.jpg
そりゃそうですよね、実はこーーーんなにたくさんの人が見ていたのです(^_^;

c0256166_16550318.jpg
【がり】 石橋晃(大阪府)

そんな石橋さんの作品はこちら。
内職のお仕事のネジで入れ物の底をがりがりこすっていたようで、その行為をこちらも職員さんが発見!!
職員さんの目、大切ですね~!!

c0256166_16552621.jpg
c0256166_16553671.jpg
【美保さんシリーズ】 平野智之(東京都)
ポコラートでは常連作家さんの平野さんの《美保さんシリーズ》!

c0256166_16555128.jpg
平野さんと職員・朝比奈さんとの独特の掛け合いでした。

c0256166_16560307.jpg
【あひる】 後藤美樹(北海道)

とってもかわいい作品で、今回の中で大好きな作品でした♪♪

c0256166_16561668.jpg
作者の後藤さんもとってもキュートな方でした^o^


ここからは作品のみのご紹介です。
c0256166_16562999.jpg
並べ方がまたカッコイイですよねーー、それがポコラートの魅力です!!
展示室の角!コーナーをわざとうまく活用した展示、なるほどです!!

c0256166_16564087.jpg
c0256166_16565022.jpg
【いろんな色】 森谷宏高(千葉県)

c0256166_16570518.jpg
【トイレの神様】 松本慎太郎(東京都)

一瞬、何で出来ているのかわからない作品ですが、タイトルをみると、ほほーー♪となりますね!

c0256166_16572269.jpg
【ことば+つむぐ】 中村和暉(大阪府)

そして、今回から出来た「形にならない表現部門」の作品として紹介されていたのがこちら。
発表されているのは職員さんですが、実は私はラッキーなことに、
このポコラートの展示をみる数日前に偶然にもこの事業所さんにお邪魔しており、
中村さんにもお会いしておりました。
普段は言葉による会話を行わない中村さんらしいのですが、ある日突然、不思議な言葉を発しました。
その言葉はとても詩的で興味深く、職員さんが録音しはじめたそうです。
また、中村さんの声がいいんですよ~♪♪
男前な声なんですよね、これが^o^

c0256166_16574188.jpg
【flower04】 東美香(大阪府)

私、昨年も東さんの作品を気に入り、このブログにUPした記憶があります!!
やっぱりいいですね~、大好きです、このテイスト♪♪

※探してみたら、やっぱりありました!昨年のポコラートのご紹介→


そんなポコラートvol.7で選出された各賞受賞者8名の作品を集めた展覧会が年明けに開催されます。
ポコラートを見逃した方も、是非にこの機会をお見逃しなく!!

≪ポコラート全国公募vol.7受賞者展≫
日程:2018年01月07日(日)~2018年02月04日(日)
時間:12:00-19:00
休み:会期中無休
料金:無料
会場:アーツ千代田3331 1F 3331 Gallery

※詳細はこちら→


c0256166_13581366.jpg
さらに、ポコラートでは来年の展覧会に向け、新たな作品を募集してらっしゃいます。
締切は12月23日!!もうすぐですよ!!

求ム 藝術の革命
≪ポコラート全国公募 vol.8≫
募集内容:1.作品部門/2.形にならない表現部門
募集期間:2017年10月1日(日)~2017年12月23日(土・祝)※必着
主催:千代田区、アーツ千代田 3331
企画・制作:アーツ千代田 3331
特別協賛:中外製薬株式会社
協賛:三菱地所株式会社
※詳細はこちら→

[PR]
by dabudivi | 2017-12-22 17:00 | 活動の様子 | Comments(0)

2017/12/21 「ポコラートvol.7」やっぱり最高!!~前篇~

c0256166_13535271.jpg
「今年見た展覧会で一番記憶に残っているのは??」と聞かれたら、
やっぱりこの展覧会と答えるかもしれない。

c0256166_13540519.jpg
毎年、楽しみにしている展覧会、ポコラートvol.7を9月に見て参りました。
前篇、後編に分け、展覧会の様子をご紹介いたします。

c0256166_13542096.jpg
入口はいってすぐのところ。
今回も早速、気になる作品が!!

c0256166_13543679.jpg
何これ、かわいい~~(≧▽≦)
個人的にかなり好きな色合いです♪

【大根】 本田正(福島県)

大根なんっっ??
かわいすぎるねんけどーーー!!
と、ドはまりしてしまいました♪♪

するとその横にちょこん、とこんな作品が。

c0256166_13545422.jpg
なんだこれ??

c0256166_13550542.jpg
黄色い四角い紙?のような、札?のようなものが積みあがっていて、
一番上は黒い模様が描いてある。
作者は「大根」と同じ方。

なんとこちらは・・・

【たくわん】 本田正(福島県)

※ちなみに、こちらの作品は審査員賞である【藤浩志賞】を受賞されています。
作者の紹介も細かく書いてあるので、ご興味ある方はこちらもどうぞ。

c0256166_13553698.jpg
c0256166_13555012.jpg
【片想い】 矢田陸雄(京都府)

c0256166_13560531.jpg
c0256166_13561816.jpg
【東京の思い出】 木村全彦(京都府)

c0256166_13563545.jpg
展示の仕方が素敵です、お花みたいです!

c0256166_13564713.jpg
【お勉強ノート】 高島衣里(北海道)

c0256166_13570455.jpg
c0256166_13571400.jpg

c0256166_13572652.jpg
【スイセン】 石毛尚吾(千葉県)

個人的に好きな作品はたーーーーくさんありましたが、
一つ一つは紹介しきれませんので、会場の様子が伝わるような写真でご了承ください(^_^;

今日のところはとりあえず前篇として、また明日、後篇をアップしたいと思います!

そして、そんなポコラートvol.7で選出された各賞受賞者8名の作品を集めた展覧会が年明けに開催されます。
ポコラートを見逃した方も、是非にこの機会をお見逃しなく!!

≪ポコラート全国公募vol.7受賞者展≫
日程:2018年01月07日(日)~2018年02月04日(日)
時間:12:00-19:00
休み:会期中無休
料金:無料
会場:アーツ千代田3331 1F 3331 Gallery

※詳細はこちら→


c0256166_13581366.jpg
さらに、ポコラートでは来年の展覧会に向け、新たな作品を募集してらっしゃいます。
締切は12月23日!!もうすぐですよ!!

求ム 藝術の革命
≪ポコラート全国公募 vol.8≫
募集内容:1.作品部門/2.形にならない表現部門
募集期間:2017年10月1日(日)~2017年12月23日(土・祝)※必着
主催:千代田区、アーツ千代田 3331
企画・制作:アーツ千代田 3331
特別協賛:中外製薬株式会社
協賛:三菱地所株式会社
※詳細はこちら→


[PR]
by dabudivi | 2017-12-21 13:59 | 活動の様子 | Comments(0)

2017/12/8 【タムタムと、めぐるトワル】開催中!

今日は久々に、現在開催中の展覧会をご紹介いたします♪

c0256166_11312305.jpg
皆さん、「トワル」ってご存知でしょうか??
ファッション関係のお仕事をされている方や、服飾系の学校に通っておられた方ならご存知かと思いますが、
フランス語が語源のこのトワル(Toile)。
元々の意味は“平織物”のことなんだそうですが、日本では一般的には綿素材のシーチングのことさしているかと思います。
用途としては、主に、立体裁断用の生地として使われたり、お洋服を仕立てる前の仮縫いに使われたりがメインです。
私も学生時代は立体裁断なんぞしておりましたので、当時はよくお世話になっていた素材です。

毛皮のリメイクを手掛けておられるある企業さんが、
仮縫いが終わり不要になったトワルを廃棄処分するのは勿体ないのでは…と考え、その再利用方法を模索されたそうです。
Facebook上で再利用アイディアを募集したところ、
「幼稚園でお絵かきをするのに使いたい」
「イベントのユニフォームにしたい」
「演劇の舞台衣装として使いたい」
など様々なアイディアが集まったそうです。
その中の一つの取り組みが、今回ご紹介する【タムタムと、めぐるトワル】です。

c0256166_11315393.jpg
現在、アーツ千代田3331内にあるA/A galleryさんでは、多夢多夢舎中山工房さん(仙台市)の作品が展示されています。

c0256166_11320929.jpg
トワル再利用プロジェクトとして、多夢多夢舎さんでは、利用者さんが中心となりワークショップを行っているそうです。
そこで出来た作品をこのように展示したり、販売もされているそうです。

c0256166_11322312.jpg
トワルをキャンバスにいろんな絵や文字が描かれているもの、アップリケや刺繍が施されているものなど様々です。

c0256166_11323497.jpg
点描のような素敵な作品。片方の袖口にはフリンジっぽい糸がついています。

c0256166_11324780.jpg
その後ろ姿がこちら!鳥が隠れていたのですね~!!

c0256166_11325903.jpg
これまた奇抜なデザインですが、なんかのヒーローものでしょうかね♪

c0256166_11331010.jpg
シンプルだけど、色づかいがかわいい作品。

c0256166_11332758.jpg
ウェディングドレスの新婦さんかな♪♪

c0256166_11333913.jpg
色の組み合わせと、色のかすれが絶妙です!!
ちょっと短い丈のボレロの形とも相性バッチリですね♪

c0256166_11335217.jpg
こちらの作品は、小さな丸に切ったフエルトをたくさん貼り付けています。

c0256166_11340852.jpg
アップで見るとよくわかるかと思いますが、かなり細かい、根気のいる作業ですね!
そして、このトワルのそばに不思議なオブジェが。。。

c0256166_11341948.jpg
これ、作者さんがフエルトを貼り付けるための“のり”のお皿なんだそうです!!
作業をする度にどんどんのりを重ねていくので、こんな状態になっちゃったそうです(^_^;

c0256166_11343080.jpg
そして、このプロジェクトのメンバーでもある写真家・美術家の中村紋子さんが撮影した写真も展示されています。

c0256166_11344217.jpg
メンバーの素直な表情が写真にもおさめられていますよ。

c0256166_11345310.jpg
そしてこの日は、アーツ千代田の1回でワークショップも開催されていました。
皆さん思い思いにトワルをデコレーションしておられました。

c0256166_11350512.jpg
多夢多夢舎さんは、オリジナル商品も作られていますので、その商品の販売もありました。
これらの商品、実は、毎年3月には京都のはあと・フレンズ・ストアでもお取り扱いさせていただいていますよ♪♪
毎年3月にはあと・フレンズ・ストアでは「東北応援フェア」を開催していますので、
きっと来年もその時期にこれらの商品もお目見えするのではないかなーと思います^o^

c0256166_11351974.jpg
このポーチは、実は、米袋に直接絵を描いて作っておられます。
材料の米袋は、地域の方から頂いたものを再利用しているそうです。
ここにも、再利用の循環があるのですねー!!
紙だと破れてしまわない??と心配なあなたも大丈夫◎
外面はラミネート加工で耐久性、耐水性に優れており、中面は布貼り加工を施しているため破れることはありません。
私も一つ、買っちゃいました~^o^


この展覧会は今週末12月10日(日) まで開催中です。
ご興味ある方は是非どうぞ!


【タムタムと、めぐるトワル】詳細はこちら→
トワル再利用プロジェクトの詳細はこちら→
多夢多夢舎中山工房さんのHPはこちら→

[PR]
by dabudivi | 2017-12-08 11:38 | 活動の様子 | Comments(0)

カテゴリ

全体
活動の様子
ダブディビのお知らせ
福祉系の情報
アート・デザインetc
何気ないお話
未分類

最新の記事

2018/2/16 共生の芸..
at 2018-02-16 17:52
2018/1/26 ポコラー..
at 2018-01-26 11:17
2018/1/19 小さくて..
at 2018-01-19 11:27
2018/1/10 【Mus..
at 2018-01-10 17:35
2017/12/28 【みず..
at 2017-12-28 17:49

最新のコメント

鍵コメさま、ありがとうご..
by dabudivi at 16:04
非公開コメントいただいた..
by dabudivi at 10:24
鍵コメさん>>> コメ..
by dabudivi at 15:53
まっつんさん>>> コ..
by dabudivi at 13:36
非公開コメントいただいた..
by dabudivi at 20:10
osampoさん、4日間..
by dabudivi at 15:51
お疲れ様です!お隣ブース..
by osampo at 21:34

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

お気に入りブログ

デザインのおやつ
デザイン図解 〜カプリス...
日々譚 hibitan
みっくすさいだーのブログ

検索

画像一覧